創業・融資のお話

創業時等にどういった基準で取引銀行を選択したらいいのか?

tax_saving_photo04

融資が通ったら次はどの金融機関を取引銀行とするかを決める必要があります。

日本政策金融公庫の融資が無事通ったら、次はどの銀行口座に融資金額を振り込むのかを決めなければなりません。

通常、融資金額を受け入れる先が事業用の取引をしていく金融機関になり、事業用通帳として使っていく事が多いです。

特に協調融資ともなれば、日本政策金融公庫の融資金を協同で融資を受けた金融機関の口座に振り込んでもらうのが基本になります。(たまにやむを得ない時は協調融資の際でも、関係の無い金融機関に振り込む場合もあります。)

補足ですが、事業を始めて、発生する入金や出金等の様々な取引を預金通帳に集約して管理すると、会計に必要な情報も把握しやすくなります。

逆に考えると、将来的に事業でメインに使用している預金通帳に取引を集約していると、その金融機関に事業性の融資の相談をする際も、金融機関からすると事業の入出金が良く分かり融資判断がしやすくもなります。

それでは、どのような基準で金融機関を選んでいけばいいか考えていきましょう。

 

 都市銀行:全国的な知名度も高く、全国の顧客や大手の取引先の信用力が高い金融機関

 

都市銀行は、香川では㈱三菱東京UFJ銀行・㈱みずほ銀行・㈱三井住友銀行・㈱りそな銀行があります。

東京や大阪などの大都市に本店を置いて、全国で店舗を出している銀行です。

ですから全国的に知名度も高く、ネット販売事業等の全国に顧客がいる事業の方は顧客にとっても良い選択になります。

また、高額のプロパー融資に対応可能ですし、全国的な知名度も高いため大手の取引先との取引がある場合は相手方からの信用力も増します。

デメリットは、香川県の様に地方では店舗の数が少ないことと、業績があまりよくない企業や、創業時の小規模な企業に対して正直、対応が消極的に思えます。

まとめると、比較的、取引規模の大きい企業に対する融資のケースが多いため全国相手の事業者以外は創業時等は口座開設の検討対象にはなりにくい思っておくといいかもしれません。

 

地方銀行:地域での知名度が高く、同じように地元に根差して事業を展開している企業から信用力のある金融機関

地方銀行は、香川では第一地方銀行で、㈱百十四銀行・㈱中国銀行・㈱伊予銀行・㈱四国銀行があります。

第二地方銀行は、㈱香川銀行・㈱徳島銀行・㈱愛媛銀行があります。

第一地方銀行と第二地方銀行の違いは別の投稿で解説します。業務内容に差はありません。

地方銀行は都市銀行と比較すると、地域との密着性が高く、事業性融資の相談もしっかり対応してくれます。特に第一地銀は地域での知名度が高く、同じように地元に根差して事業を展開している企業から信用があります。

また、店舗数も多く非常に利用効率が高くATM等も充実しています。

最近は日本政策金融公庫との協調融資も力を入れており、創業者に対しても徐々に力を入れている状況です。

デメリットは、日本政策金融公庫以外の金融機関はすべてかもしれませんが、本当の意味での創業者、つまり全く経営基盤が無く、後ろ盾のない創業者に関しての創業融資に関しては消極的であり、純然たる創業者の支援リスクを敬遠している傾向があります。

まとめると、地元で事業展開していくのであれば間違いなく口座開設の筆頭候補になる銀行です。

創業時の融資に関しては消極的な面はありますが、協調融資制度等を利用して、できる限り後の事業性融資の支援をしてもらう場合に備えて、口座開設をして取引の実績作りをすべきだと思います。

 

信用金庫:地域の繁栄のために、広く地域の企業支援・融資をしてくれる金融機関

 

信用金庫は、香川では高松信用金庫・観音寺信用金庫があります。俗称は『しんきん』や『たかしん』と呼ばれることが多いです。

昔は、さぬき信用金庫がありましたが、高松信用金庫に2004年と合併されました。

信用金庫は、企業や個人が信用金庫の会員となって、地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした非営利の金融機関です。

事業の目的の通り地域の繁栄のために、広く地域の企業に融資をしてくれます。

都市銀行と比較すると、融資相談がしやすいです。定量的な要因(業績等の数字面)ももちろん融資判断として見ていますが、定性的な要因(社長の資質や事業の成長性)を、しっかりとみてくれます。

デメリットは、日本政策金融公庫に比べると現場ベースの状況では同じく創業融資に関しては若干消極的です。

まとめると、地域との密着性が高く利用している企業も多いことから、将来の事業性融資のタイミングでもお世話になる事が多くあり、地方銀行と同じく創業時から口座開設する筆頭候補になります。

 

信用組合:地元に根差した原則組合員に対してサービスを行う金融機関

 

信用組合は、香川では香川県信用組合があります。俗称は『けんしん』と呼ばれることが多いです。

相互扶助の理念に従って、組合員が預金しあって、融資が必要な時に受けることができるよう地域密着の非営利の金融機関です。

現場ベースでの取引銀行としてはあまり出てこず、口座開設して保有している企業が限定的なのが現状だと思います。

まとめると、地域組合員限定で取引市場は他と比較すると限定的ではありますが、局面によっては有効な場合があります。

 

ゆうちょ銀行:郵便局の民営化で設立された金融機関

 

ゆうちょ銀行は全国に支店があります。

将来事業性の融資を受ける先としては向きませんが、全国展開していますから、ネット販売等で全国相手の事業の場合は、顧客の振込先として利用する事ができ便利です。

 

ネット銀行:原則店舗を持たずインターネットの取引を主として行う金融機関

 

ネット銀行は、ジャパンネット銀行・楽天銀行・ソニー銀行等があり、最近増加しています。

特に最近は各銀行ごとのメリットや特徴が顕在化していて、自社の状況に応じて選択すれば有効的に活用する事が出来ます。

時間を気にせず無休で取引が行えるため、ネット販売事業者は逆にいずれかのネット銀行での口座開設が避けては通れません。

ネットのみであり店舗を保有していないため事業性融資の相談窓口の不安感や、金利の高さがデメリットと言えます。

まとめると、ネット販売事業を行うのであれば各行の特徴を見て選定して口座開設を早々にしておくべきです。
各金融機関の種類や特徴を簡潔に説明しました。

 

将来を見据えた金融機関の選定を早い段階でしておくと、将来の事業性融資や、事業の利便性の向上が図れます。吟味しておきましょう!

カテゴリー