創業・融資のお話

認定支援機関による経営改善計画で金融機関も安心の金融支援

1128721_320

今現在、金融機関との問題を抱えていませんか?

 

会社を経営していると経営の安定や事業の拡大や多角化のために、金融機関からの融資を必要とすることがあります。

急遽資金が必要で普段取引のある金融機関の担当の方に融資の相談をすると『今回はご支援できません・・・』と言われたことはないでしょうか?

または、特に普段地元の金融機関との取引が無く、自社の決算書をもって勇気を出して窓口に行くと断られたという話もよく聞きます。

こんなことがあると、社長や幹部又は資金繰りの工面をしている奥さんからすると、銀行は困った時に助けてくれないのかと感情的にもなります。

気持ちは良く分かります。しかし・・

 

金融機関や融資担当者には本当は貴社を支援したくても、今回は融資で力になれない、なんらかの事情があるということになります。

 

社長からすると、社長の頭の中ではお金を借りても返せる見込があるのにわかってくれなかった場合や、この資金を借りることで事業が新しく展開して行ける事の情報等、あまり自分の伝えたいことが伝わらないで追加融資等に至らなかったという可能性もあります。

融資担当者も本当は社長を支援したいはずです。付き合いが長ければなおさら今回の資金問題を解決するためにどうにかしたいはずです。

いや、そんなことは無いなんて言葉が聞こえてきそうですが・・

私も普段から地域金融機関の融資担当者の方と交流会・勉強会等でコミュニケーションをとっています。

そのなかで、毎回のように担当先のかかえる問題をどう解決するべきか真剣に相談されます。もちろん会社名等は出さず特定できることはありません。

それくらい融資担当者は貴社の事をおもっているのは間違いありません。

もちろん深刻な経営状況で金融支援が難しい事もごく稀にあります。

しかし、ほとんどの場合はほんの少しの歩み寄りでこの問題を解消する事ができます。そのためのツールがあります。

 

それが『経営計画・経営改善計画』です。

 

そんな大それたものは敷居が高すぎると思われるかもしれません。

しかし、この経営改善計画等の作成で社長が行う業務は、毎日のようにいつも社長が事業をこうして行きたいと思っていることや、今悩んでいる問題等を私たちに話してもらう事だけです。とくに、複雑なことはありません。

私たちがその情報を文章化し、数値化しあるいは図式化して、金融機関の融資担当者に伝えるための資料を作成します。

 

しかもこの経営改善計画は一度で二度も三度もおいしい話があります。

 

計画を作成するために、頭の中を言葉で吐き出してもらうため自分のおさらい作業ができ、思考がクリアになってきます。

また、複数人でこの吐きだし業務をやってもらうと全員の頭の中の情報を共有する事ができ、よく知っているはずの自社を他の人の思考回路から再度知ることができます。

そして、それらの情報をクリアにし共有することで、モチベーションも上がります。

 

まさに、良いことづくめです。

 

そしてもちろん、この作成した経営改善計画書が金融機関の融資担当者の方が融資を通していく際の重要なツールになります。

融資担当者の方からしても社長や会社の事をより深く知ることができ、かつ、融資を通し易くするための有用な情報源として活用する事が出来ます。

 

では、その経営改善計画を作成するための費用が心配なところですが・・・

 

現時点では経営改善計画の作成支援の費用に対して、三分の二を国が補助してくれます。

 

 

わたしのお客様もこの補助金を活用して経営改善計画書を作成し金銭問題を解決しています。

また、融資担当者の方からも格段に融資しやすくなった等の評価をいただいております。

 

ピンチをチャンスに変えるいい機会になりますので、新規融資・追加融資・返済条件の変更を考えている方は、検討してみてはいかかでしょうか?

 

不明点等あればお気軽にご相談下さい!
S0_32_KaizenKeikaku01_pamphlet_2-1

カテゴリー